ウルム スツール 引出し付

ウルム スツール 引出し付

¥58,300 (税込)

商品の説明

通常1万5千円以上送料無料。1962年、マックス・ビルはウルムスツールの進化モデルとして「Schubladenhocker(引出しスツール)」を設計しました。当時、引出し部分は1本の貫木で支えられていましたが、現行モデルでは貫木が2本に改良され、抜け落ちないように木製のダボが施されました。シンプルなフォルムと素材、そして、釘を使わない造りをそのままに、生活の中でフレキシブルに使用できる高い実用性を備えたスツールです。ウルムスツールは、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにBauhaus(バウハウス)の概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。1953年、旧西ドイツのウルムに開設された「ウルム造形大学」は、バウハウスの理念を継承する革新的な教育機関でした。1954年この大学の初代学長を務めたマックス・ビルとアシスタントを勤めていたハンス・グジェロは、学生達のために腰を下ろす何らかの道具を考えました。仕事机や講義室、カフェテラスなどに使えるスツール、サイドテーブルとして、持ち運ぶ機能や書籍をのせるトレイとしてなど、多目的な要素をデザインに集約し「ウルム スツール」は誕生し

このSHOPの取扱いITEM

もっと見る